タレント

ののかちゃんは歌下手なのにゴリ押し3つの理由!今しか売れない使い捨て疑惑?

犬のおまわりさんの歌で有名になった村方乃々佳(むらかた ののか)ちゃん。

今では3歳になり、クリスハートや炎など大人の難しい歌も披露できるようになりました。

そんな、ののかちゃんですが「歌下手なのいつ気づくの?」「ゴリ押しがそろそろ痛いんですけど…」の声が。

そこでこちらの記事では、ののかちゃんは歌下手なのにゴリ押し3つの理由!

今しか売れない使い捨て疑惑?についてご紹介していきます。

ののかちゃんは歌が下手!?

2歳でデビューしたののかちゃん。

最近は大人の歌を歌いすぎたせいか、歌が下手と言われています。

クリスハートや炎の歌は現在3歳の、ののかちゃんにはちょっと難しい曲。

でも、大人の都合によりののかちゃんはしっかり歌詞を覚えて歌っています。

ののかちゃんが出演した「ベストアーティスト2021」ではコスプレで登場し炎を歌いましたが、歌が下手だと評判になってしまいました。

ののかちゃんが、歌下手なのにゴリ押しの理由をみていきます。

ののかちゃんは歌下手なのにゴリ押し3つの理由

ののかちゃんは歌が下手なのにゴリ押しされている理由は3つあります。

ののかちゃんゴリ押し理由3つ

①幼児の可愛さで視聴率確保

②決められた事をこなせるから

③今しか売れない使い捨てだから

ののかちゃん歌下手なのになんでテレビに出続けてるの?という声が多くあります。

理由をまとめましたので3つの理由をみていきましょう。

幼児の可愛さで視聴率確保

ののかちゃんは、歌が下手でも幼児の可愛さで視聴率が確保できるので、テレビオファーがあるのかもしれません。

実際にののかちゃんがテレビに出ると、ののかちゃん可愛い!ののかちゃんより私の方が歌下手だわ…。

と、テレビに出るだけで盛り上がっているのがわかります。

人気者の、ののかちゃんがテレビに出ると視聴率も確保できるからゴリ押ししている可能性は大いにあります。

3歳は本当に可愛い時期ですから、視聴者もののかちゃんに釘付けになるのはとってもわかりますね。

決められた事をこなせるから

ののかちゃんはまだ3歳なのに、大人の決められた事をきちんとこなしているので、テレビオファーが絶えないのかもしれません。

ののかちゃんは、テレビに出て歌も人前で緊張せず歌っていますが、年齢は3歳!

ビックリですよね…。

3歳だと幼稚園や保育園では年少さん。

周りのお友達と関わったり、生活習慣を身につけたり、まだお昼寝もある年頃。

大人の言う事は少しずつ理解できるようになりますが、1人で堂々とこなす。という年齢ではないですよね。

twitterでは、ののかちゃんは3歳ロボット!

実は電池で動いている!というツイートもありました(冗談のツイートですが)

ののかちやんのことを「電池で動いてる。」と冗談で言ってから、子どもたちがののかちゃんをテレビで見る度「3歳ロボット!!」と呼ぶようになってしまった。 ごめんなさい。 (twitter引用)

でも、ロボットと言われても納得できそうなくらいしっかり者!

ののかちゃん、3歳なのにとてもしっかりしていますね。

今しか売れない使い捨てだから

ののかちゃんは今しか売れないからゴリ押しで使い捨て?という声もあります。

ののかちゃんの魅力は、幼児ならではの可愛い声とサイズ感でマスコット的な魅力があります。

2歳でデビューしたののかちゃん。

犬のおまわりさんの歌声がとっても可愛い!と大人気になりました。

テレビ局側は人気になった、ののかちゃんを一時的にゴリ押しし人気が続くまではあやかりたい!と考えているのかもしれません。

ののかちゃんも年々成長しますからね…。

今は可愛さで人気の、ののかちゃんですが成長したののかちゃんも人気が続くといいですね。

まとめ

ののかちゃんは歌下手なのにゴリ押し3つの理由!今しか売れない使い捨て疑惑?についてまとめました。

ののかちゃんが歌が下手と言われているのは、クリスハートや炎など大人の曲を歌っているから評価のレベルが高くなっている可能性があります。

ののかちゃんは2歳で、犬のおまわりさんで人気になったのに3歳で難しい曲を歌って評判が分かれるのは自然な事だと思います。

また、ののかちゃんは歌が下手なのになぜゴリ押しなの?という疑問は、ののかちゃんのテレビ出演は歌だけではないからだと思います。

現在3歳の、ののかちゃんがテレビに出るだけで可愛さから視聴率を集める事ができるからだと思います。

幼児ならではの声も本当に可愛いですよね。

しかし、ののかちゃんもどんどん成長します。

今テレビに引っ張りだこの、ののかちゃんですが成長してからもテレビに出てほしいですね。

これからも温かく見守っていきましょう。