移動用①

「ニュージーズ」全体のレポ感想!コーラスの厚みがすごくて圧倒された

ディズニーミュージカル『ニュージーズ』が2021年10月より始まりました。

「SixTONES」の京本大我さんが主演を務める、ディズニーミュージカル「ニュージーズ」の感想を役者ごとに、まとめました。

それでは、どうぞ~♪

京本大我:ジャック

・デイヴィとジャックで歌うと毎回声の重なりピッタリすぎて歌ってるの1人…?ってなる。

・ジャックの表情の豊かさが凄かった

・大我くんを好きになって、すっごく世界が広がった!

・ニュージーズという物語に出会えたことも、大我くんのおかげで、とっても幸せです。

・座長として日生劇場に立ってる姿が世界で1番かっこよかった。

・アイドルとしても1人の役者としても大我くんを凄く尊敬してます。

・クラッチが連れていかれてしまい、その後の悲しみと絶望にみちたジャックのサンタフェのソロが素晴らしすぎて涙なしには観られない。

京本さんの歌声よすぎる。

https://ririko.site/newsies-kyomototaiga/

咲妃みゆ:キャサリン

・キャサリンがキレッキレのタップダンスを披露するところがあるんですけど、そこが最高に好き!

・ニュージーズたちの群舞、にこにこ+感動の涙+鳥肌、、歌もダンスもタップも凄すぎる〜!!!

・ジャックとキャサリンのあれこれには、めっちゃにやにやしてしまう可愛い幸せ♡

・キャサリンの美しさに見惚れた♡

松岡広大:クラッチー

・松葉杖であんなに動き回る松岡クラッチー、すごすぎる!

・松岡くんクラッチーがジャックに向けた「感化院からの手紙」は毎回ウルウルしてしまう。

・松岡さんもうますぎる。

・あの明るい性格のクラッチが本当は辛くて弱ってるのに心配かけまいと気丈にふるまってると思うと、切ないし悲しい。

・クラッチーのキャラクターが最高です♡

加藤清史郎:デイヴィ

・加藤デイヴィ、基本ずっとデイヴィでかっこいいんだけど、King of New Yorkで後ろに小走りする時の背中が加藤清史郎くんで可愛かった…

・タップダンスには圧倒されました。

・デイヴィ!加藤清史郎くんは、ドラマとミュージカルの演技の振り幅がなんか好き!

・最初ビジュアルの印象はキツめなキャラなのかな?って思ってたけどデイヴィの設定で気弱な男の子。

霧矢大夢:メッダ

・霧矢さんは色気?を感じる!笑

・男役も経験されてるからか、咲妃さんとちょっと違う気がする(衣装の関係もあるのかな?)

・ねーねさんや霧矢さんとのシーンのセクシーなお姿、とっても綺麗でした。

・歌が当たり前だけど上手いので耳福!

・霧矢大夢さん、宝塚以来なので私は15年振り?くらいに拝見しました。

・男役時代から変わらず抜群の歌声と表現力と、登場するだけで一気に華やぐ感じ、最高でした。

・本当にすてき。はあぁ、かっこいい。しびれました。

松平健:ピュリツァー

2人ではけるとき、PULITZER(松平健さん)JACK(京本大我くん)のお尻をポンてしてた気がしてならない…。

・実は松平健様を生で観るのは初めて。

・ニュージーズたちの敵なんだけど何となく憎めないのは松平さんのお人柄かしらねぇ。

・松平様、身長高い…? 

・些細な動きさえも憎めない松平健さんディズニーって感じです最高だった。

全体の感想

・一体感が増して歌もパワーアップして最高でした。

・みんな一人の役の存在感が強くなった。

・ニュージーズ のサントラ出てほしいよ。

・あんな風に踊れないけど…歌いたいよ、気持だけ仲間入りしてます。

・とてもとても良かった…みんなが絶賛してたのでハードル上げまくったけどその分楽しかった。

・第一幕最後のサンタフェ、京本ジャックが歌い終わって真っ暗になって幕間で会場の電気が点くまでずっと拍手が止まなかった

・本当に素敵だった圧巻……。

ニュージーズの余韻半端ない。

・後からじわじわくる!みんな海外版のサントラ聴いてるでしょ絶対!

・今日在宅仕事なんだけど脳内でニュージーズの楽曲が永遠に止まらなくてずっと歌ってて全然進まない

・ニュージーズのコーラスの厚みがすごくて圧倒されました、これぞミュージカル!

https://ririko.site/newsies-kyomototaiga/